無料【ネタバレ】ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】
作者・煙ハク / チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。


<<お試し読み>>

 

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】ネタバレ

ある日、Barを借り切ってダンスイベントをすることになりました。

 

私も彼も、スタッフとしてフロアで踊ったり、ドリンクを提供したりとバタバタ。

 

他のメンバーたちも、お互いのパートナーたちも一緒に働いていました。

この日は大きなフロアでイベントをして、小さな部屋の方はスタッフのみ立ち入りOKにして、
控え室兼ドリンクを作ったりや洗い物をするのみにしたのです。

私が洗い物を一人でしていると、彼がこっそり部屋へ入ってきて、周りに誰もいないのを確認すると、さらっとお尻を触ってきました。

「ダメだよ。誰か来ちゃうよ」と私が言っても、おかまいなし。

「大丈夫。大丈夫。今みんなこの曲踊ってたから、曲が終わるまでは誰もここに来ないよ」

ちゃんとスタッフのみんなが何をしてるか把握して、私の所へ来てたのです。

前編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】
作者・煙ハク / チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。


<<お試し読み>>

 

 

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】
作者・煙ハク / チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。


<<お試し読み>>

 

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】ネタバレ

それから洗い物していて私の手がふさがっているのをいいことに、彼はどんどん大胆に。

 

スカートの上からお尻を撫でて、胸をやわやわと揉んでいたのが突然ブラの中に手を滑り込ませて突起を刺激して、キスも軽いものから、ピチャピチャと深い口づけとなり、私の足がフラフラになったり。

でも曲が終わる頃には、彼はサッと離れていくのです。

みんなが来ないとわかっている1曲3分〜4分間だけ、私を愛撫していきました。

 

時々、私や彼のパートナーもこの部屋にやって来ます。

私は普通の顔をして、洗い物の続きをして。

私のアソコは濡れていて、太腿をぎゅっと閉じてないと不安なくらいに。

そんな事を悟られないようにドキドキしていると、彼が意地悪な顔して笑っているのが目に入りました。

(もう!絶対面白がってる!)

しばらくすると、彼が「これから4曲連続でみんな踊ってるから」と言って、私の濡れそぼったショーツの中に手を入れて来ました。

 

「えっ!?ダメだよ。これ以上続けたら。。。」

 

そんな私の声は聞き入れられず、彼の大きな節くれだった手は私の中へ。

 

「もうこんなグチュグチュなら、すぐ入るな」と独り言のように言うと、後ろからズンと彼の大きなモノが入って来ました。

 

もしかしたら誰か来るかもしれないというシチュエーションで、余計に興奮した私たちは、声を殺してグチュグチュと繋がりあったのです。

 

私は洗い場に手をついて、彼からの猛烈な刺激にいつもよりも激しく感じて。

後編【ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?】
作者・煙ハク / チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。
↓↓クリック↓↓※ダウンロードもできます。


<<お試し読み>>