ネタバレ【人をダメにするちょいブス】セフレなのかな?彼女なのかな?

【人をダメにするちょいブス】
作者・すぺしゃるじー・チンジャオ娘

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>

前編【人をダメにするちょいブス】ネタバレ

彼が私に会いに来るときはいつも急にだし、私が会いたいって言ってもたいてい断られます。

 

私は派遣社員で残業がないからいつも彼に合わせられるのですが、彼の方はシフト制で早番とか遅番があって、合わせられないからしょうがないかぁって自分で納得しようとはしてきたんですが、大事にされてないような不満は常にありました。

だって、友達の彼氏は友達のために時間を作ったり休みも合わせてくれたり当たり前にしてるのに、私の彼はそんなことできるわけないって言い切ります。

 

今から行ってもいい?って突然電話がかかってきたのをもし断ってしまったら次いつ会えるかわからないから私はあわてて部屋を片付けたり家にあるものでご飯を作ったり、近くのコンビニに走ってお酒用意したりバタバタして彼のことをお出迎えすることになります。

 

彼、来たらすぐに私のことを抱こうとするんです。

 

ごはんは?とか聞いても、そんなことよりさ!って服を脱がせにかかられて聞いてくれません。

 

待って!って言ってももう半分以上脱がせられて彼のあれも立ってきてるからやめるわけにも行かず、しょうがないなぁって感じで何にも会話もなくセックスしちゃうんです。

もちろん彼の方はお風呂にも入ってないまま、私は仕事から帰ったらすぐ入ってしまうので、めちゃくちゃ舐めてきます。

 

あーうまいよ今日もめちゃくちゃいいにおいする~とか言われるとやっぱり嬉しいですし、念入りにお手入れしておいてよかったぁって思うんですが、私まだ彼のあそこを舐めたことがないんですよね。

【人をダメにするちょいブス】
作者・すぺしゃるじー・チンジャオ娘

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>

後編【人をダメにするちょいブス】ネタバレ

私はお風呂入ってなくてもいいって顔を近づけるんですが、やめろ!って真顔で言われちゃうとなんかしちゃダメなんだろうなぁって思ってしまって引き下がっています。

 

私は別に彼のあそこがどんな匂いでも全然構わないんだけど、こんな風に私を抱くわりにそこだけはこだわりがあるみたいなんですよね

で、終わったら、絶対に泊まらず終電ギリギリで慌てて帰っていくんです。

 

会話らしい会話って付き合いはじめてからしたことあったかなぁって思い返してもよくわからないくらいで、もしかして私って都合のいい女?セフレだったりしないよね?

やりたいときに来てるだけで、本命は別にいるとかありえますか?

 

既婚者だったりしない?まさかね!なんて疑いも持ってしまっています。

まさかとは思いますがもう半年くらいこんな感じなんです。
どう思いますか?

【人をダメにするちょいブス】
作者・すぺしゃるじー・チンジャオ娘

 

この漫画はBookliveコミックの

お試し読みで

無料で読むことができます。

前編【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>

後編【人をダメにするちょいブス】

<<この漫画のお試し読みはコチラ>>